Q&A

分詞構文は会話に必要か

スピーキングとは口から英語が音声となって出てくることを意味しますが、それは日常会話からスピーチ・講義等までを含みます。日常会話は英語の構造が単純化する傾向がありますので、分詞構文で表現することは確かに稀かもしれません。しかし自分が一方的に話すスピーチ等では、そういう表現も必要になって来ます。

2つ目の使命は、従来の文法用語を使っての複雑な英語構文の理解から解放され、単純な文章の名詞化・副詞化と、代入による文章の拡大というとらえ方を身につけていただく所にあります。それでいわゆる「分詞構文」は文章の副詞化の1つに過ぎず(副詞化は13種類)、単なる副詞扱いとなり、「分詞構文」という発想を持つ必要がなくなります。そうすることにより英文が単純化され、自由に話せる要因となります。