Q&A

日本語で意味を提供すると日本語が頭に残り、翻訳的学びになってしまうのでは?

YouCanSpeakはスピーキングに特化したプログラムなので翻訳の一歩先にある「喋る/発声」に重点を置いています。日本語で提供されている内容を日本語の文字や音声として捕えるのではなく、脳の中で完全に意味化し(映像化と言うこともできる)、それを英語の音声として出力する練習をすれば、翻訳的練習に陥ることはなく、「意味」と「音声」の合体が進んで行き、喋ることにつながります。