Q&A

ただ丸暗記しているだけのように思えるが、これで本当に実力が付くのか?

「丸暗記」は次のステップに行くための大事なプロセスですので、決して無駄ではありません。

また、丸暗記している場合は、模範音声のイントネーションや発音に集中することができるので、スピーキング上達に有利だと言えます。

人間の脳は情報を記憶するまでに「覚える」「忘れる」というプロセスを繰り返し、何度もインプットされた情報のみを記憶する場合がほとんどです。自分では丸暗記したつもりでも、一週間後にやってみると実は暗記していなかったということも珍しくありません。もし、本当に丸暗記している場合は、それはむしろ歓迎すべきことなので、更に先のレベルに進んでください。

YouCanSpeak は英文を瞬時に造り出すのに必要な175の要素を脳裏に刻み込むことを目的としていますが、このプロセスを飛ばしては「応用力」も身に付かず、英語がペラペラになることはありません。最初は丸暗記と感じても、学習を続けていただく内に、実力がアップして行くことを実感していただけるでしょう。

「丸暗記」で懸念されるのは、「覚えたが応用が利かない」ケースです。これに当てはまる場合は、会話の中で応用が利かず不便です。大切なのはYouCanSpeakに登場する様々な文章構成パターンを繰り返すことで感覚的にスピーキングを習得することです。