スピーキングは正しさよりも話そうとする姿勢が大切

「英会話のリスニングはできるけど、話すのは苦手…」と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?英語のスピーキング力は、ただ英語を聴くだけでは伸ばすことができません。今回は英語のスピーキングを上達させるためのコツをご紹介します。

実際に体を使って話すことの重要性

実際に体を使って話すことの重要性

スピーキングではお腹や口、舌など体を実際に使うことが最も大切です。日本語は常に同じ調子で話すため、あまり体を意識することはありません。

しかし英語のスピーキングでは、お腹から鋭い息を吐いたり、舌を丸めたり、口をしっかり開けたりと体を細かに動かすことが必要です。

頭でイメージするだけでなく、体の動かし方を意識しながら実際に声に出すことで、伝わりやすい英語を意識することができます。

自分の思いを瞬間的に英語にするクセをつける

自分の思いを瞬間的に英語にするクセをつける

英会話では相手の話を聴いて、自分の意見や考えを言葉にできなければ、コミュニケーションとして成立しません。

そのため、自分が考えたことを瞬間的に英語にするクセをつけることが必要です。

YouCanSpeak®では、日本語で示された内容を瞬間的に英語として音声化する習慣をつけることができます。

正しさよりも「アピール」する度胸も必要

英会話で大切なのは、たとえ文法や発音がまだ十分に習得できていなくても、ジェスチャーを交えながらでもしっかりとアピールし、伝えていくことです。最初は誰でも英会話初心者です。初心者が上級者になるためには話すしかありません。

そして、失敗を体験するからこそ、「今度こそは失敗しない」とスピーキング力を高める意欲につながり、さらに高いレベルの学習に進むことができます。

英語漬けの生活でもスピーキングできない理由は…

海外在住でもなかなか英会話が上達しない方は、英語の文章とその文章の意味が結びついていないことを疑ってみてください。

例えば、洋楽が好きで英語の歌詞の音楽はよく聞くけど、雰囲気だけで意味は理解していないというような状態です。

その場合、いざ英語を話そうとしても「どんな単語を使ってどう伝えたら良いのかわからない」となるのは想像できるのではないでしょうか。

YouCanSpeak®は伝えること(スピーキング)を重視

オンラインの英会話レッスンができるYouCanSpeak®は、英文と英文の意味をつなげて理解し、瞬時に英語でアウトプットする教材です。

瞬間的に伝えることを重視したプログラムなので、実際の英会話にも役に立ちますし、多くのご購入者様から「スピーキングに特化している」という理由で、ご満足いただいています。

インプットとアウトプットを「何度も」「瞬時に」繰り返す学習の中で、即座に英語が出てくる要素が蓄積された「スピーキング脳」を育むことができる教材がYouCanSpeak®です。

英語の基本的なルールを身につけることで、難しく複雑と思われがちな英文でも、瞬時に作り出し、音声化できるようになります。

海外に住んでいるのに思ったように英語でコミュニケーションができていないと感じている方や、海外のライバルに勝ち抜く英語力が必要なビジネスパーソンなど、あらゆる方々のニーズに対応可能です。

まずは、YouCanSpeak®無料お試し版からご利用ください。

スピーキング力を高めて英会話を楽しみたいならYouCanSpeak®

会社名 株式会社BLA
設立年月日 1977年9月1日
住所 〒408-0315
山梨県北杜市白州町白須8666−1
電話番号 0551-35-3621
代表者 木下 和好
事業内容 英会話学校
英語ソフト開発・作成・販売
英語e-ラーニングの提供
英語コンサルティング
英語習得講演・セミナー
同時通訳セミナー
海外留学コンサルティング
海外ホームステイ企画
英語関連著書の出版
Url https://www.youcanspeak.net/
取引先銀行 Citibank N.A.、みずほ銀行、三井住友銀行
りそな銀行、山梨中央銀行
ジャパンネット銀行、スルガ銀行
主な取引企業 日本放送協会(NHK)
YBS山梨放送
(株)ダイヤモンド社
(株)中経出版
(株)小学館
(株)ロングセラーズ(KKロングセラーズ)
AIU保険会社
他多数