英語のリズム・発音を身につけるメリットとは?

日本人が英語を身につける時に苦戦するのは「リズム」や「発音」ではないでしょうか。英語のリスニング・スピーキングを上達させるコツは、英語独特のリズムや発音をしっかりと捉えられる・扱えるようになることです。ここでは、英語と日本語のリズム・発音の違いと、英語のリズム・発音を身につけることで得られるメリットをご紹介します。英語の文章は組み立てられている、話せているはずなのに、相手に伝わりにくいとお悩みの方におすすめの記事です。

英語は内容の大切さで強弱を使い分ける言語!

英語は内容の大切さで強弱を使い分ける言語!

日本語の会話ではあまり強弱をつけませんが、英会話では大切な部分ほど、強く発音して相手に伝えようとします。

例えば、“I have a pen.”という簡単な文章でも、“I”を強く発音すれば「他の誰でもない私が、ペンを持っていた」という意味合いになりますし、”pen”を強調すれば「他のものはさておき、ペンを持っていた」というニュアンスが生まれます。

このように英語では伝えたい内容によって単語の発音の強弱や文章全体のリズムを使い分けるのです。

日本人は「弱」の発音が苦手

日本語は最初から最後までしっかりと発音して、相手に伝えることが必要になります。

しかし英語では伝えたい部分以外は弱く、曖昧に発音されてしまいます。弱い発音に慣れていない日本人にとって、そのような曖昧な箇所を聞き取ることは困難です。

また、自分が発音する時も全てが強い発音になり、不自然な英語になってしまいます。

英語のリズムや発音を知ることで得られるメリット

英語のリズムや発音を知ることで得られるメリット

これまでお話ししてきたような、英語独特のリズムや発音を知ることで、英語を聞き取るためのポイントがわかり、リスニング力が伸びていきます。

また、英語を正しく聞き取れることで模倣しやすくなることはもちろん、自分が話すリズムや発音がよりネイティブに近づき、相手に伝わりやすくなるはずです。

リスニング・スピーキング力が高まった結果、実用的なコミュニケーションツールとして英語が使えるようになります。

YouCanSpeak®では、全ての英語表現をネイティブの発音で何度でも聞くことができます。

また男性・女性両方の音声が用意されていますので、声の高低や個人差があっても聞き取ることのできるリスニング力を身につけることが可能です。ネイティブの発音やリズムに繰り返し触れることで、英語表現だけでなく正しい発音が身につき、伝わるスピーキング能力も育てられるという仕組みになっています。

英会話での発音やリズムにお悩みなら、ぜひYouCanSpeak®をお試しください。

英語のスピーキングを上達させたいならYouCanSpeak®

会社名 株式会社BLA
設立年月日 1977年9月1日
住所 〒408-0315
山梨県北杜市白州町白須8666−1
電話番号 0551-35-3621
代表者 木下 和好
事業内容 英会話学校
英語ソフト開発・作成・販売
英語e-ラーニングの提供
英語コンサルティング
英語習得講演・セミナー
同時通訳セミナー
海外留学コンサルティング
海外ホームステイ企画
英語関連著書の出版
Url https://www.youcanspeak.net/
取引先銀行 Citibank N.A.、みずほ銀行、三井住友銀行
りそな銀行、山梨中央銀行
ジャパンネット銀行、スルガ銀行
主な取引企業 日本放送協会(NHK)
YBS山梨放送
(株)ダイヤモンド社
(株)中経出版
(株)小学館
(株)ロングセラーズ(KKロングセラーズ)
AIU保険会社
他多数