2大原則

YouCanSpeak - 英語スピーキング訓練に特化した学習システム

学習した内容を忘れないのは、なぜ?脳の仕組みを解明する《英語の科学》


英語を学習したいと思う人が共通して抱える悩みは、

1)学習内容を覚えることができるか、2)覚えた内容を瞬時に呼び出すことができるか

この2点が大きな壁ではない
でしょうか?

しかし、脳がどのように言語を記憶し、
どのように記憶を呼び出すか
YouCanSpeakを学習しながら、
その仕組みを理解すれば
必ず英語スピーキングを習得(記憶)することができます。

YouCanSpeakを今すぐ始めたい方はこちらから
ご購入フォームへ

英会話習得

第一原則

そうは単純でない、脳の不思議

    

脳の記憶システムを理解する

英会話を学ぶときにオーディオレコーダーのように脳の「録音」ボタンを押して記憶させ、必要なときに「再生」を押すことができたら、美しい発音を瞬時に再現することができます。脳がこんな働きをしてくれたら素晴らしいと思いませんか?

ハードディスクの中に情報をコピーするような感覚で英語を脳内インストールして自由自在に取り出しができるようになれば英語習得の悩みは解決です。

実際、世の中には一度聞いた曲を楽譜無しで演奏できたり、プロ碁師のように囲碁の試合を最初から最後まで再現できる記憶力をもっている人も存在します。しかし、このような「天才」はわたしたちの周りに何人いるでしょうか?

このような突出した事例をもとに学習カリキュラムを作成し、成功すれば良いのですが、現実はそう甘くありません。大人になってから英会話を習得したいのであれば、人間の脳がどのように情報を記憶し、それを呼び出すことができるかを理解しなければなりません。


一つの情報を複数の場所で記憶する

    

脳の記憶システムは一括管理ではなく分散管理

オーディオレコーダーのように情報が脳内の一カ所に保存されていれば情報の取り出しは簡単です。

しかし、脳の記憶システムはこのような単純な構造ではなく、一つの情報を複数の場所で記憶することが明らかになっています。

脳梗塞で脳の一部が機能しなくなったある女性は文章の母音だけを呼び出すことができなくなった事例があります。研究者がYour dogと書くように指示をだすと、Y_ _r d_gと書き、母音の部分だけは空白にしたそうです。そこに「何か」が入る事はわかっても、母音だけがでてこない。

この研究の結果、母音と子音がそれぞれ脳の異なる部分に記憶されていることがわかりました。即ち、オーディオレコーダーとは異なり、脳は情報を異なる場所に分散させ、それを瞬時につなぎ合わせているのです。

        

脳は情報を異なる場所に分散させ、それを瞬時につなぎ合わせている


脳の情報抽出物は多ければ多いほどよい

    

脳の情報抽出物(トリガー)は多ければ多い方がよい

さて、ここで質問です。

貴方は五日前の昼食に何を食べましたか?

この情報を抽出するために、五日前が何月何日の何曜日だったか、誰と一緒にいたか等、様々な情報と照らし合わせることで、ようやく何を食べたのか思い出すことができる可能性があります。

なぜこんなことが起きるのでしょうか?

それは、自分が自ら経験した記憶も分散管理されているためなのです。

これは要するに人間の脳は情報を分散して記憶させるため、その情報を抽出するための引き金(トリガー)が必要だということです。

情報を引き出すためのトリガー

ユーキャンスピーク学習画面

    

英語を覚えるときにただ教科書を黙読していると、情報抽出ツール(トリガー)は書体のみ。しかし、音読したり、ノートに書いたり、自分なりに挿絵や画像を貼付けてみたりすると、たちまちトリガーが増えて記憶を抽出しやすくなります。

YouCanSpeakが文字(日本語と英語)、模範音声、学習者が発声する英語をシームレスに連携させているのは情報を抽出する「トリガー」を有効活用するためなの工夫なのです。


YouCanSpeakを今すぐ始めたい方はこちらから
ご購入フォームへ

英会話習得

第二原則

短期記憶を長期記憶ゾーンに送り込む脳の働き

語学取得エージェントを活用する

「短期記憶」を「長期記憶に導く、脳内エージェント

    

第一原則を学習に取り入れるだけでもかなりの効果が期待できます。

でも、脳と記憶の関係は不思議なもので、第二原則も活用しないと、効果は一時的です。

即ち「忘れない仕組み」は二つの原則の組み合わせなのです。

事故の悲劇からわかった
《脳内エージェント》の存在

脳医学の世界で有名な患者の一人にHMさんという米国人男性がいます。この男性は事故の影響で脳の一部を除去しなければなりませんでした。

すると、HMさんは手術を受ける10年前までの記憶が消え、新しいことを20秒以上記憶することができなくなってしまいました。

これによりわかったことは、母音と子音が異なる場所に記憶されているのと同じように、短期記憶と長期記憶もそれぞれ異なる場所に記憶され、短期記憶を長期記憶ゾーンに移管させる移籍エージェント的な役割を果たす機能もあるということが図らずも証明されたのです。

        

脳医学の世界で有名な患者の一人にHMさんという米国人男性がいます

語学習得エージェントの具体的な役割

日本のプロ野球選手がアメリカ大リーグを目指したり、サッカー選手がより高いレベルのクラブへの移籍を目指す姿はもはや珍しくありません。上を目指す選手は自分に代わって交渉を進めるエージェント(代理人)が必要です。

同じように、英会話習得を目指す人も今の状態(短期記憶)より高いレベルで言語を操りたい場合にはやはりエージェントが必要になります。

        

脳内に強力なエージェントが存在する

エージェントの役割

    

幸いにも、この語学習得エージェントは高いマージンを請求することもありませんし、学習者のやる気次第で期待通りの仕事をこなしてくれます。

では、この語学習得エージェントの具体的な仕事内容は何か?

それは、一定期間何度もインプットされた情報を脳内の短期記憶から長期記憶ゾーンに移すこと。


YouCanSpeakを今すぐ始めたい方はこちらから
ご購入フォームへ

語学習得エージェントに仕事を依頼するには?

エージェントに仕事を依頼する方法

    

学習した英会話の内容を脳に留めておくには短期集中より、長期分散の方が効果があることは科学的に証明されています。

試験前に一夜漬けで6時間勉強するより、20分の勉強サイクルを2週間継続した方が高い学習効果を保証することができます。

エージェントは、一夜漬けで数時間集中して勉強しても、その内容を長期記憶に移籍させることを認めてくれません。
即ち、まとめて学習をしても一定期間何度も反復学習しないと、学習した内容は「忘れる仕組み」になってしまっているということになります。

実際、欧米の研究では学校で習った情報を忘れるタイミングは授業が終わった直後だという研究があります。学習する行為そのものも大切ですが、学習した内容を何度も繰り返すことができる環境を自分で作ることの方が重要であるとも言えます。

YouCanSpeakは
脳内の語学習得エージェントの存在に着目し、
学習者様に徹底して
反復練習に取り組んで頂いております。

記憶のスピード移籍は可能?

「いや待ってください。自分はわずか1度経験したことを今でも鮮明に覚えています。」
そんな反論を抱く方はいないでしょうか?勿論、この意見も間違いではありません。何故なら実際に起こりえるからです。著者も9.11の同時多発テロが起きた日のこと、東日本大震災が起きた日のこと、妻と初めて出会ったときに交わした会話のこと、待望のイギリス旅行で起きたこと、全て一度しか経験していませんが鮮明に記憶に残っています。
 ひとつの経験に恐怖心や好奇心などの強い感情と結びつくと、たった1回でも記憶を長期記憶に移籍させることができます。英会話習得もこのようなスピード移籍が可能であればなんと素晴らしいことでしょう。学習時に旅行や大事件、大災害、好きな人と出会ったときと同じような強い感情と結びつけることができればよいのですが、これはあまり現実的な発想ではありません。一方、語学習得エージェントが動いてくれるまで移籍条件を満たすことに集中すれば記憶は必ず短気記憶から長期記憶に移される仕組みになっています。どちらかに賭けてみるのなら、語学習得エージェントに賭けてみませんか?YouCanSpeakなら学習を進めて行くだけで語学習得エージェントに仕事が依頼できる構造になっています。


それでは「学習したことを忘れない仕組み」をおさらいしましょう。



1)脳の記憶システムは一括管理ではなく分散管理

→ 引き金(トリガー)を多く残す

2)語学移籍エージェントの移籍条件を満たせ

→ 一定期間の継続と繰り返しあるのみ

貴方が今比較検討している購入を検討している英語教材に、
科学の裏付けはありますか?

YouCanSpeakは英語スピーキングに特化したプログラムであり、
記憶の科学と発声の重要性を推進するオンライン英語プログラムです。

無料体験コーナーで、実際にYouCanSpeakを試してみよう!
↓ ここをクリック ↓


YouCanSpeakを今すぐ始めたい方はこちらから
ご購入フォームへ


YouCanSpeak ご購入フォーム

YouCanSpeak代金 (税込み)

YCS ID 取得代金(購入日から2年間学び放題)
一括払い (カード決済)

¥59,800

(消費税込み)
(月額換算:2,307円/日割換算:76円)
カード決済6回分割

¥59,800 6回払い

(消費税込み)
※分割手数料はお客様のご負担となります。
手数料は各カード会社へお問合わせください。
カード決済12回分割

¥59,800 12回払い

(消費税込み)
※分割手数料はお客様のご負担となります。
手数料は各カード会社へお問合わせください。

YouCanSpeak購入方法

お支払い方法は、「一括払い」「6回分割払い」「12回分割払い」からお選びいただけます。
  1. 購入フォームを送信していただきます。

  2. 引き続きクレジットカード決済の画面にてクレジットカード決済を行ってください。

    ※クレジット決済システムは、GMOペイメントゲートウェイの決済システムを利用しています。カード情報は、GMOペイメントゲートウェイの決済ページにて入力いただき、弊社には残りませんのでご安心ください。
  3. クレジットカード決済が完了するとメールが送信されます。
    メールに記載のID番号と登録済みのパスワードで、利用可能となります。

  1. 購入フォームを送信していただきます。

  2. PayPalにてお支払いの際の詳細がメールで届きます。

    ※PayPal支払では、クレジットカードのご利用も可能です。
    (American Express の場合はドル計算)
  3. メールに記載のID番号と登録済みのパスワードで、利用可能となります。

  4. PayPal送金手続きは、購入手続き後すぐに行ってください。
    一定期間を過ぎて入金の確認が出来ない場合は、そのID番号は無効になりますので、ご注意ください。

<ご注意>
AMEXでもご利用可能ですが、ドル建て決済の為、Paypal及びクレジット会社による独自為替レート+手数料がYCS代金に加算されます。
VISA、MASTERをご利用の場合は、YCS代金のみご請求されます。

YouCanSpeak 購入フォーム

以下の情報をご記入の上、「購入」ボタンを押してください。

購入プラン
支払い方法
※使えるクレジットカード: Visa、MasterCard、JCB、Amex、Diners
※PayPal 利用の場合、Amex と Dinersはドル建
氏名(漢字) 例: 山田 花子
氏名(ローマ字) 例: Hanako Yamada ※認定級の名前に記載する為、正確にご入力下さい。
ニックネーム 例: はなちゃん ※半角カタカナ不可
ログインパスワード ※半角英数字 6~10文字
E-mailアドレス ※半角英数字
E-mailアドレス(確認) ※確認の為もう一度入力してください。
郵便番号 例: 100-1010 ※半角数字
住所 ※都道府県から入力してください。
電話番号 例: 03-1000-2000 ※半角数字
性別
生まれ年
メール配信
※希望するにした場合、B.L.Aから各種サービスのご案内メールを差し上げます。 ※希望しない場合は、YCSのサービスに関する重要なお知らせメールのみ送信いたします。
アンケートにご協力ください。
どこでYCSを知りましたか? ※毎朝新聞10/1特集記事
YCSに対するご要望・ご意見

購入ボタンをクリックすると内容確認画面が表示されます。

※本フォーム内容の送信及び以降の通信は、SSLによって暗号化されます。